大坂 昌彦 ドラムス
大坂 昌彦
大坂 昌彦(おおさか まさひこ)
1966年 9月28日生まれ。10歳でドラムスを始める。
1986年 奨学金を獲得し、バーク リー音大に留学。在学中デルフィーヨ・マルサリスのバンドに在籍し、全米各地のジャズフェスに出演。NY での活動後、1990年帰国。双頭コンボ「大坂昌彦・原朋直クインテット」を結成。その一方で日米混合バンド「ジャズネットワークス」の一員としてスイングジャーナル誌のゴールドディスクを受賞。製作企画賞も受賞し話題を呼ぶ。NHK 総合テレビのドキュメンタリー「旬の人、旬の話」に出演。1998年 NHK教育初のジャズ番組「ジャズの掟」にレギュラー出演をし話題を呼ぶ。リーダー・アルバム3作目の『ウォーキン・ダウン・レキシントン』がスイングジャーナル誌ゴールドディスクを受賞、翌年1月に製作企画賞を受賞。1999年 アンドレ・プレビン指揮NHK交響楽団にゲスト・ソロリストとして出演。その模様はN響アワーで放送される。ダスコ・ゴイコヴィッチ・インターナショナルクインテットの一員として、フランスのカルビ・ジャズ・フェスティバルに出演。4作目のアルバム『クロスフェイド』をリリース。そのメイキング番組を毎日放送が制作。話題となる。クインテット解散後はソロ・プレーヤーとして、様々なセッションに参加。 2000年 にはロン・カーター・カルテットの一員として福岡ブルーノートに出演。2001年 、5作目のアルバム『リボーン』を発表。2001〜2年、the MOST 、Fullnotes、M's等のレギュラーバンドのcd デビューが相次ぐ。2003年5月にはフィル・ウッズのグループでツアー。EQが7月にデビュー。九月にプロデュースcd、azz-oneが発売された。スイングジャーナル誌で9年連続人気投票ドラム部門一位に選出され続けている。
現在、M's 、the MOST、EQ、守屋純子orc. 等多くのレギュラー・バンドで活躍中。 一方、後進の指導にも力を入れており、洗足学園大学や都内のドラムスクールでの講師を務める。

⇒ 【 M's プロフィール
http://www.masahiko-osaka.com/
▲ページのトップへ戻る