【対談】お茶の水ナルオーナーと出演ミュージシャン



なぜSaxをはじめたのですか?
小学校一年生の時は、ビクター少年合唱隊に入ってオペラとかやってたんだよ。最初の舞台は、新宿文化センターでやったプッチーニの「トスカ」だった。高学年になると、渡辺貞夫が大好きになってね。中学生になり合格祝いで親にSaxを買ってもらったんだよ。高校に上がるとストリートでよく演奏するようになって、知り合いも増えた。その時ぐらいから将来は音楽で生活したいと考えるようになった。でも親は当然反対だったね。だけど、三年生になるともっとジャズを勉強したくなってアメリカのバークリー音大に行こうと思った。当時の日本の音大は少し遠回りな気がしたんだよ。
バークリー音大では?
バークリーに入ってからは本当に練習したね。その時一緒だった(Tp)岡崎好朗と弟の(ts)岡崎正典にとても影響受けたんだ。世話してもらった感じだね。卒業後は勉強のためにニューヨークに移った。
ニューヨークでは?
自分の演奏に自信はあったけど、みんなはもっとうまかった。“うまい”と言うより“すごい”と言う方が良いのかもしれない。アメリカのサウンドは日本よりもっとクリアだったし、みんなポテンシャルが高かった。本当に勉強になったよ。
その後は帰国されたんですよね?
その時、日本の演奏にどのようなイメージをうけましたか?
うまいっ!って思った。だけど全体的にサウンドがおとなしい感じがしたな。アメリカのようなアグレッシブなサウンドではなかったね。みんな自分より断然にうまかったけどやっていけないとは思わなかった。「オレのほうがイケてる」という根拠のない自信があったから。日本で仕事を始めてすぐにNARUで演奏するようになったんだ。いろんな人とセッションさせてもらったから、NARUで成長させてもらったようなものだよ。
帰国後の自分と今の自分では何か違いがありますか?
たくさんのプレイヤーと演奏してきたから、だんだん周りがわかってきた。演奏している時に自分の調子が悪いと、他のプレイヤーの音も良くなく聞こえる。逆に自分の調子が良いと、他のプレイヤーが調子悪くても全く気にならないんだ。つまり問題は自分自信って事なんだね。
音楽的な部分でも変化はありますか?
前はノリやファンキーなどばかりを考えて演奏していたけど、今は本当にそれでいいのかと思うようになった。最近ではフリージャズを聞く事が多くなってきた。ポップな音楽でもなく現代音楽でもない、ちょうどその中間の演奏をしたいんだ。きっとここがジャズなんだと思うんだ。だから僕はここに信念を持って演奏したい。
■石崎忍2デイズライブ⇒ ISHIZAKI SHINOBU 2DAYS
■ 出演ミュージシャンとの対談:vol 1.大坂昌彦との対談 / vol 2.石崎忍との対談
▲ページのトップへ戻る